オフィス・店舗・宿泊施設・展示会場・アパート・マンション

損害・火災保険申請代行のeアシスト

約150種類の建物修繕保険の中からあなたにあった保険をご提案いたします。

その損傷、自己資金で解決しようとしていませんか?

自然災害による損傷は火災保険の対象となります。
加入者の当然の権利を活用し負担0円
機器の修理・交換が可能です!

当社が選ばれる3つの理由

特徴1

適正保険申請にて多くのオーナー様が満足しています!

オフィス・店舗・宿泊施設・展示会場・アパート・マンションのオーナーに対して、一番適した損害・火災保険を活用して機器修繕のアドバイスを行います。

特徴2

全国どこでも無料でお見積もり致します。

申請にかかる現地調査等の諸費用が発生した場合は、保険会社にご請求させて頂きます。申請が通らない場合は、当社が負担いたしますのでお客様にご負担頂くことはございません。

特徴3

全国対応!保険申請~機器交換まで一貫してサポート。

保険申請から機器交換まで一括して担当することでスムーズに修繕を行います。

こんなオーナー様からのお問い合わせ
お待ちしております!

  • 機器の修理をしたいが費用が心配…。
  • そもそも修理に保険が使えるのか知りたい。
  • 一度見積もりを取ったが想像以上に高かった…。
  • 使用年数が長いので修理を諦めている…

神奈川県/飲食店オーナー様

飲食店を5店舗経営されているオーナー様。厨房機器の性能が悪くなり買い替えを希望されていましたが、保険により、3店舗4台の製氷機・冷蔵庫の交換を無料でさせて頂きました。

オーナー負担額 0円

神奈川県/飲食店オーナー様

保険申請により、エアコンの落雷による性能劣化が認められ交換しました。
最新の機器による電気使用量の低下でランニングコストの削減にも成功しました。

オーナー負担額 0円

群馬県/旅館オーナー様

保険の適用により、ご負担なしで施設内の空調設備を刷新させていただきました。

オーナー負担額 0円

よくあるご質問についてお答えします

保険詐欺等の類では?
保険対応可能かきちんと診断し、適正な申請をしております。
加入している保険で対応可能かわからない。
保険証券をご用意ください。こちらでお調べします。
機器の不調が災害によるものか不明です。
故障状況と気象データ等を照らし合わせ、当社で診断いたします。
なぜ無料でできるのでしょうか。
ご加入されている保険会社の認定範囲内で無料で行います。
当社は施工会社より手数料をいただいております。
保険の勧誘等をされるのでは。
当社は保険の勧誘は一切行っておりません。
余計な工事をされるのでは。
機器破損状況の鑑定を行い認定された範囲内のみの施工になります。
アフターフォローが心配
当社提携の優良業者がしっかりとケアさせて頂きます。

なぜ火災保険で機器交換の自己負担ゼロにすることが可能なのか

火災保険は、火災のときだけしか補償されないと思っている人が多いですが実際には違います。

一般的に火災保険は、台風や竜巻、大雨や豪雨による土砂災害などの自然災害によって、家屋が倒壊・破損して被害を受
けた場合にも補償してくれるものです。その中に落雷による機器の損傷も含まれるのです。
その証拠に実際の保険会社が出しているパンフレットをみてみましょう。補償対象の中に自然災害がしっかりと記載されています。

<損保ジャパン>

出典: https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/kinsurance/habitation/sumai/sumai1709.pdf

<東京日動海上>

出典:https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/live/total_assist/shohin/hosho.html

<三井住友海上>

出典:https://www.ms-ins.com/pdf/personal/kasai/gk.pdf

<全労災>

出典:https://www.zenrosai.coop/contact/zenkoku/tokyo/info/ec_pamphlet.html#

<JA共済>

出典:https://www.ja-kyosai.or.jp/ebook/muteki_201704/html5.html#page=7

<セコム損害保険>

出典:https://www.secom-sonpo.co.jp/anshinmyhome/compensation/basic.html

保険会社が『この機器の損傷は自然災害によるものだ!』と認定すればその修復費用として保険金を受取ることができます。全てを認められたら自己負担ゼロ、一部を否認されたとしても大幅に自己負担を減らすことができます。

どのような工事会社でも火災保険の申請は可能か?

住宅の損傷が自然災害によるものであると保険会社へ認めてもらうためには
申請が必要となります。

申請に必要なものは「現地調査報告書」と「工事見積書」です。この2つが保険会社が納得できる内容であれば認定してもらうことは難しくありません。
しかし、この2つの書類は一般の工事会社では作成することができません。保険会社に認めてもらえる書類を作成するには、「自然災害による損傷である理由」「被災した日付」「適切な工事価格」「写真の取り方」など長年の経験と知識が必要です。つまり、火災保険申請の多くの実績がある工事会社でなければ申請したとしても認定されないのが現実なのです。

あらゆる保険会社にて対応可能です

お申し込みから機器交換完了までの流れ

\お客様に喜んでいただけるよう相談から保険申請まで素早く対応します/

STEP1
必要事項のご記入

無料カウンセリングフォームに必要事項をご記入ください。送信後、数分以内に返信メールが届きますのでご確認ください。お電話でのご相談も受け付けております。

STEP2
現地調査の調整

専門スタッフの対応後、当社が提携する保険申請のプロフェッショナルよりご連絡差し上げます。損傷の具合など細かい内容をヒアリングさせて頂き、現地調査の日程を調整さえて頂きます。

STEP3
保険申請&機器交換の実施

現地調査後保険会社へ提出する資料の作成をさせて頂きます。
無事保険金が支払われたら機器交換の準備に取り掛かります。万が一、保険が適用されなかった場合は無理に工事を進めることはありませのでご安心下さい。

調査は完全無料でさせて頂きます。
仮に保険が適用されなかった場合でも無理に交換を薦めることは一切致しません。
誠意を持って対応させて頂きますのでお気軽にお申込み下さい。

\お気軽にご相談ください/

☎︎お電話でのお問い合わせはこちら
Tel:03-6897-0685

無料カウンセリングお申し込み
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
お問い合わせ内容※必須